チープセッ●スドランカーブログ
ウリのソップス・アシッド・虹をからめた日常ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウツリギ
ブログとかみてると世の中就職活動とか受験とか、大学の後期試験の恐ろしい結果待ちとかなんだな‥‥‥たいへんだ。
最近の受験事情とかってどうなんですかね。


受験の時の記憶ってあんまりないっすね。私の国立前期試験の直前に弟がインフルエンザをひき、さすがに隔離した記憶があります。この、馬鹿が!(笑)

以下、受験の話とか、文章の話とか。ラルクには全然関係ないです。
高校が公立のくせに実力テストの統計と受験校の合格実績を個人ごとにつけて翌年の受験生の資料にするところだったんですが、その資料って、順位別なんですよ。たとえば学年300人中75番の人はどこどこに受かりましたよ、というかんじ。なんであんな無駄なもんつくってたんやろ、うちの高校。私は最後の実力テスト時に熱で倒れて数学が10点とかで(爆笑)順位が下がったんですね。まあ、それでも別にいい順位ではあったんですが、それが来年の資料に残るとすると、「この順位でここの大学にいける」みたいな誤った指標を残してしまうわけで。担任に「ステータス:(※風邪ひき中)とか書いた方がいいっすよ」といった記憶が。統計としてなってない。

なんか世の中の模擬試験ってほんとばらつきがあってあんまり信用できないです。まあ、一応の指標にはなるけど。国立用二次とか「運ちゃうんか」っていう変な問題もあるし。
国語/数学の国立二次用模擬で偏差値70台後半とかたたきだしたこともあったけど、所詮この文章力。みよ、この国語力のなさ!そして数学なんか大学入学以降やってねえよ!(笑)<旧帝大法学部なので二次でも数学いりましたが、あれはなんなんですかね。論拠だす能力をみてるのかな?好きだったからいいけど

‥‥‥もっと魅せれる文章が書きたいかぎりですね。
ここ最近、キレがなくてダメだ。別に仕事じゃないからいいんだけど。


話戻って、少し文章の話をします。
私は法学部だったので試験用にロジカルな(大爆笑)文章もかけるし、何千字の原稿だって時間内にかけますが、今直接それが役に立つことはないです。考え方は役に立つかもしれないけど、あれは文章力の醸成にはならなかった。少なくとも私にとっては、の話であるけれども。
法学部の文章って相手が法律のことをしっていることを前提に意見を述べさせる物が多いのです。それはそれで小説でいう背景設定なんかが略せるというのもあるんですけど。一般的に自分と同じ知識を相手が持っていると思って話せることなんてそうそうない。ほんと会社のプレゼンみててもそのあたりの考慮ができるできないの差ってセンスを感じますね。
もちろん資格試験用の勉強としては膨大な知識量をまとめる力というのがためされるので記憶の容量とフローチャートの要領を覚えれば攻略できる学問分野ではありますが。
そこそこ面白かったし、歳をとって時間が出来たらもう一回勉強したいなあとも思うけど、勉強後の目的が見えないから今はだめだね。目的なく勉強に勤しんでる時期は時期で楽しかったけど。


人間、好奇心を忘れたら終わりだっていうけれど、移り気な私には、ずっと信じたものだけを大切に育てていく人がうらやましくもある。



でも、私はまだ移り気でいたいなあとも思うんですよね。
一般的な美学を理解しつつも、自分がそれに似合うかどうかは、また、別の話。

自分の対象物への固定観念を「ああ、ここまできたんだ」と嬉しく思いつつも「ああ、こうかたまっちゃったんだな」と寂しくも思う。
抽象的で申し訳ないけれど、これは私のラルクへの考え方。
今更新鮮なとらえ方などできないのかもしれない。けれど、それは自分の歩んだ年数を嬉しく思いつつも、確実に自分の感性が削れている事実なのだと思う。

それは、少し寂しい。
そんなお話。時間はまだまだあるのにね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cheepsdrunk.blog2.fc2.com/tb.php/75-48bab0ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。