チープセッ●スドランカーブログ
ウリのソップス・アシッド・虹をからめた日常ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか暇だったので思い出してみた
会報がこない…………

最低。


アマゾンをみていたのでちょこちょこ思い出してみた。
暇だったので今更なプレビューとかしてみたくなった。


これなあ…うーん、ぱらっと見て終わった感じ。シアキスはやっぱりライブ全体の感じがよかったから、写真集としてどうかなって思う、かも。モチーフは好きなんだけど、ライブの記憶が鮮明で、まあいいやってかんじでした。ごめんね。


限定版を申し込みわすれていたのでこっちで。これも1~2回しかみてないかも。でもこっちは色々な個人的な旅行思い出とかもあっておもしろかった(笑)
あ、ここはここの会場だな~とか。限定版って結局ファンのショットが多かったくらいですか?あんまり最近写真に興味ないからスルーしてしまった。


これはね!!!!カバーはずしたところがね!!!!
好きだな~つくりとか写真加工とかがチープで、でもけんちゃんがかわいくてかわいくてかわいくて仕方がない!でもトークの内容で一個凹むところがあって、そこから先をよむのにちょっと時間がかかった(笑)ごめんね、けんちゃん。でもこのインタビュー本はけんちゃんの声そのまま書き起こしってかんじがして好き!!


二回くらいみたな~
以上、ってかんじ。写真は結構好きでした。今みなおしてないからあんまり感想ないかも;;


鹿野さんに初めて(爆笑)好感を持った本でした。それまでねーこの人の体質というか話のもっていき方がたまに地雷でそんなに好きじゃなかったんですけど、この本は鹿野みたいなライターがいるから出してもらえるんだなって思った記憶がある。感謝の気持ちを改めてもった本。

ほかにも色々書籍や雑誌があるんですが、まあ、とりあえず。

次はDVD編




これ、ほんっと好きだったな~けんちゃんかわいかったな~
もう思い出だけど。十年前、なんですよねえ。びっくりする。今更この前見直したんですよ。大好きだって思った。


これは、もう、なんていうか目の前で(けん前でした)けんちゃんがカメラ蹴っ飛ばした瞬間しか覚えてないくらいに好きだった。このDVDのとり方も好き。酔うって人も多いけど、私、このMCすらもいらないかんじのゆがみが好きです。あんまり人に認めてもらえないけど、このDVDをたまに思い出したように真っ暗な部屋でみると放心する。2年に一回くらいそんなことしてる(笑)


あまりに知り合いばっかうつってて二回くらい爆笑した覚えしかないな~アメリカはいきませんでしたね。ボルチモアには水族館くらいしかないですもんね。っていう。イルカに夢中なけんみたかったな~


アマゾンでさがしたらこんなのあった。なつかし===!!!王様ゲームしたときのだっけ?懐かしいな~ソップはねーもう正直いいです。最後けんちゃん飽きてたし。また初期衝動が戻ってきてくれたら、あの三人をみたいって思うけど、今はいいかな。


仕事が暇だったんで(笑)アマゾンで漫画の大人買いをしたときにちょこちょこっと検索かけてみてみました。今扱ってるものってそんなにないんですね~
写真集とか、昔、「これどこにおくんだよ!」っていうポスター集とかあったじゃないですか。あれ、ほんと今でも邪魔なんよね(笑)
この前衣替えのときにあって、何これ、まじ邪魔!みたいな。でも捨てれないしあけて見直しちゃいました(笑)
ツアーパンフとか、写真集とか、見直すものもあれば保存したままのもある。でも、いまだにやっぱりひらくとその時のことを思い出したりするなあ。
DVDとか友達のおうちに遠征でとまったときくらいにしかみないけど、あったよね、こんなことってなりません?
今付き合ってるラルクつながりの友人たちはみんな十代のときからの付き合いの子が多くて長い方で9~10年付き合ってます。ずっとずっとそんな話ばっかしてくだらない非生産的な話ばっかして。楽しかったな~って思ったり。放置されてたときもずっと続いてたなあ。何やってたんだろ、私たちは(笑)

掃除してたら、ライブレポのメモがでてきました。和歌山のそっぷとハイドがでた時のやつ。懐かしいな~って眺めてみた。
記憶に残る映像が全部DVD化できればいいのにね~と昔話をしていたことがあります。広島できいたけんのギターを忘れたくなくて寝れなかったとかあったな~とか。(ブートレグに残ってて本当に歓喜だった)
まあ、でも、そんなのがあったら、記憶はあっても思い出なんて人間のキャパこえておもしろくなくなるのかもしれないですね。
もうちょっとしたら私用が落ち着くのでまた誰かと上映会でもしようかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。